新規注文登録APIオプション

新規注文登録APIオプションとは?

新規注文登録APIオプションとは、注文情報を外部決済(他カート、基幹システムなど)から取り込み可能にする汎用性の高いAPIシステムです。

複数のモールや電話、FAXからの注文情報を一元管理でき、またMakeShopでの注文データと同様に管理画面からの注文情報の変更が可能となります。新規受注登録APIを活用した機能カスタマイズを行うことで、様々なショップ様のお悩みを解決することが可能です。

※新規受注登録APIを利用した機能カスタマイズのご相談は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

注文情報を外部決済(他カート、基幹システムなど)からの取り込みを可能にする

こんなショップ様におすすめ

  • 電話やFAXなど、ECサイト以外の注文もMakeShopで一元管理したいショップ様。
  • 決済ページまでを外部のCMSで構築し、注文・出荷管理はMakeShopで行いたいショップ様。
  • MakeShopのクレジットカードオーソリ機能を利用したいショップ様。

機能の特徴

  • 外部システムなどからMakeShopに新規で注文登録が可能です。登録された注文は、オーソリなどの決済処理まで実施します。
  • 登録された注文データは、MakeShopでの注文データと同様に管理画面から注文の変更やキャンセル、クレジットカード決済実売上処理ができます。
  • MakeShop以外のシステム、決済画面からMakeShopの決済処理、オーソリなどを利用した注文データを生成します。
  • 通常の注文処理と同様に、在庫の減算を行います。

期待できる効果

  • MakeShop標準と異なる、自社独自の決済ページを構築することで、より独自色の強い販売施策を打ち出すことが可能です。
  • MakeShop以外の注文や顧客情報もMakeShopで一元管理できることにより業務効率が改善します。
  • 決済ページまで自由に構築できるようになり、フロントデザイン制作の幅が広がります。

こんな悩みを解決します

  • 電話やFAXで受けた注文をMakeShopに登録する手間を省きたい。
  • 決済ページまでを自由にカスタマイズしたい。
  • 複数のECサイトを運営しているが、注文データの管理が煩雑なので一元管理したい。
  • 決済ページでの離脱率を現状よりもさらに改善したい。