ECオリジンは「GMOクラウドEC パッケージEC」に名称が変更になりました。

パッケージECプラン

パッケージECプランはEC業務に必要な標準機能と自由度の高いカスタマイズ性を兼ね揃えた、あらゆるニーズに短納期でお応えする為のECパッケージです。

パッケージラインナップ

パッケージECプランでは実現したいECサイトの特徴に応じて、それぞれのビジネスにマッチするパッケージラインナップをご用意しております。ここから必要な機能のみをお選び頂き導入目的に合わせたカスタマイズを行うことで、こだわりのECサイト構築を低コスト・短納期で実現することができます。
基幹システムや既存システムの連携の他、サブスクリプションコマースや利用型ビジネスなど、市場ニーズにあった柔軟な対応も可能です。

  • BtoC ECサイト構築

    ECサイト
    構築・導入

    お客様のニーズに合ったECサイトを低コスト・短納期でご提供いたします。スタートアップでの導入から年商100億円以上の大規模ECサイトまで幅広く対応が可能です。システム構築後も中長期的にお客様のECビジネスの成功をサポートします。

  • BtoB向けECサイト構築

    BtoB向け
    サイト構築

    電話・FAXによる受注業務をWeb受注に切り替えることで、受注・営業業務を効率化し人的ミスを削減することができます。商品情報、在庫、納期など、最新情報をWeb掲載できるため、問合せが減少し、トラブルの減少にもつながります。

  • マッチングサイト構築

    マッチングサイト
    構築

    C2CやB2Cなどn2n(多対多)の双方向のビジネスマッチングサイトの構築が可能です。会員管理、運営者向け機能、決済などパッケージの標準機能を利用することで、早期にかつコストを抑えたマーケットプレイスの運営を行うことが可能です。

  • サブスクEC サイト構築

    サブスクEC
    サイト構築

    モノのサブスクリプションサービスに特化した便利な機能をご用意しています。サブスクリプション向けECサイトを初めて構築する事業者様でも、無理なくサービスを開始できます。独自のサービス展開に合わせた機能カスタマイズにも対応いたします。

  • オークションサイト構築

    オークション
    サイト構築

    モジュール化されている機能を組合わせて、競上げなどのネットオークションサイトの構築/運営を行うことが可能です。Erlang/Elm/Elixirの関数型プログラミング言語を活用した最先端のWEB技術を中心に構成されております。

  • マーケティングツール

    マーケティングツール

    ECサイト向け統合マーケティングオートメーション。検索・レコメンド・WEB接客などのサイト内施策から、メール・LINE・WEBプッシュなどへのセグメント配信・自動フォロー配信など、ECサイトで必要なあらゆる施策の実現をサポートします。

  • RPA連携

    RPA連携

    ロボットの力でオフィスのあらゆる業務を自動化し、日本企業の生産性に貢献できるRPAツールです。導入することでスタッフによる業務の品質向上や創造性の向上へと充てる事が出来る様になります。

  • AI-OCR連携

    AI-OCR連携

    GMOクラウドEC AI-OCRは企業の様々な課題を解決する為のソリューションです。受発注業務における書類や、eKYC(オンラインでの本人確認)に必要な身分証明書といったものを画像から自動でデータ化する事ができます。

パッケージECプランのメリット

1

独自要件を実現しつつ、低コスト短納期を実現できる

これまでの導入実績から必要とされている機能を基本機能としてパッケージ化することにより、標準機能だけでも多様な要件にお応えすることができます。
そのため予算や導入予定にマッチしたこだわりのECサイトを構築する事ができます。

2

こだわりを実現する、多様なカスタマイズ性

標準機能にない機能はカスタマイズで開発して付け足す事が可能です。
また標準機能の組み合わせを変える事も自由自在な為、ご要望に簡易的な設定でお応えできるものも多く、お客様の理想のシステムが短納期・低コストで実現可能です。

3

安心・安全なセキュリティ

UTMやWAFなどのセキュリティ対策のほか、導入時の脆弱性診断などの対応も行っています。
またクレジット決済においては、不正検知やチャージバックなど不正対策サービスの提供が可能です。
なお、GMOシステムコンサルティング「システム開発部門」ではISMS(JIS Q 27001(ISO/IEC 27001))の認証を取得しており、さらに保守/運用においては、業務フロー確立、運用指針確立、社内体制整備、承認・監査スキーム整備等を実施の上でJIPDECの承認を受けています。

4

基幹システム・倉庫システムとのデータ連携が可能

基幹システム・倉庫システムとデータ連携をする事により、注文データなどの自動送信や商品マスタ・在庫情報を自動受信したりなど、クラウドと貴社ローカルシステムとの間でセキュアな通信経路を構築します。

5

各種連携サービスを自由に導入可能

各種決済サービスや連携サービスを導入する事ができます。これによりカスタマイズを最小限に抑えつつ、必要な機能に絞って開発を行う事ができます。